Top >  抜け毛症 >  抜け毛症:薬物療法

注目のハゲ対策
育毛業界で有名な「小林弘子」氏の話題の育毛法
>>奇跡のフサフサ発毛術!!

抜け毛症:薬物療法

現在は抜け毛症の治療に薬物療法が用いられており、ほとんどの場合が抗うつ剤や抗不安剤を投与して治療しています。

しかし、薬物療法をする場合は神経科などの医師に相談し、必ず自分に合った薬を処方してもらって下さい。

治療に使われる抗うつ剤はセロトニンやアドレナリンといった、 脳内の神経伝達物質の量を増やす作用があり、神経の働きを良くします。

その為、抗うつ剤は抜け毛症の他にも鬱病やパニック障害、過食症などの治療にも用いられています。

一口に抗うつ剤といっても色々な種類がありますので、簡単に紹介しておきます。

主な抗うつ剤として、三環系抗うつ薬(第1世代)、三環系抗うつ薬(第2世代)、 四環系抗うつ薬、トリアゾロピリジン系、SSRIなどがあります。

以上が抜け毛症の薬物療法によく用いられる薬です。

抜け毛症

抜け毛症

関連エントリー