Top >  抜け毛と髪の基礎知識 >  正常な髪の毛の一生

注目のハゲ対策
育毛業界で有名な「小林弘子」氏の話題の育毛法
>>奇跡のフサフサ発毛術!!

正常な髪の毛の一生

正常な髪の毛は、成長期、退行期、休止期を経て、抜け毛となります。
頭皮には毛母細胞という細胞があり、毛母細胞で髪の毛の成分が作られています。

毛母細胞で作られた髪の毛の成分は、次々と上部へ押し上げられて毛幹となります。 毛母細胞は通常2年から5年の間、1本の髪の毛を作り続け、毛母細胞が髪の毛を作り続けている間が、作られている髪の毛の成長期となります。

毛母細胞がだんだん衰えてきて髪の毛の成分を作る量が減ってくると、退行期となります。 退行期が約2週間続いたあとに、毛母細胞の活動が完全に止まって、休止期となります。

休止期を迎えると約3ヶ月ぐらいで髪の毛は抜け毛となって自然に抜け落ちます。 髪の毛が抜けたあとの毛母細胞はしばらくの間休止したあと、再度成長期へと入り髪の毛を新たに作り始めます。

実は約10万本の髪の毛のうちの約1万本、つまり約1割の髪の毛は休止期の状態です。 ですので、毎日抜け毛があるのは当たり前の話ですので、髪の毛の一生の自然なサイクルを壊さないように気をつけていれば、抜け毛に必要以上に過敏になる必要はありません。

抜け毛と髪の基礎知識

抜け毛と髪の基礎知識

関連エントリー